トリマー
 
資格は必要ありませんが、資格が有れば自分のレベルを知ることが出来ます。トリマーの元で見習いから始める事も考えられますが、基礎知識がないと相応の努力が必要で、養成学校で学んだ上で、 犬の美容室やペットショップで働くことが多いようです。
資格を取る
 
JKC公認トリマーの受験資格を手に入れる一般的な方法は、JKC公認トリマー養成機関に通って所定の科目を終了します。養成機関は生徒数によって指定機関と研修機関に分かれています。
公認トリマー資格は,師範、教士、A級、B級、C級の5つに分かれています。2年以上JKCの会員で18歳以上の人も、認定を受ければ C級の試験から受験できます。
試験は犬の特徴やカットの仕方を答える筆記試験と、実際に犬の毛をハサミでカットする実地試験があり、C級から取り始めます。
JKC公認トリマー養成機関